メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

料金別納のシステムについて

通信販売会社や、毎月案内状やカタログなどを大量に郵送している企業などにおすすめなのが、郵便局が提供している料金別納というサービスです。

料金別納とは、郵便料金の支払い方法の1つで、同時に10通以上の郵便物や荷物を出す時に利用できるようになっています。

またゆうパックやレタックスやEMSなどの場合は1通からでも郵便別納で支払うことができます。


料金別納では、わざわざ郵便物や荷物に切手を貼りつける手間を省くことができるようになっているので、一度に何百、何千と郵便物を発送しなければいけない通販会社などの担当者には是非利用していただきたいサービスで、切手を貼らなくてもいい分、作業効率を大幅に上げることができることになります。

通常は切手を貼りつけない代わりに金額が印字された証紙を貼りつけることになり、消印がないので発送日が不明になってしまうので、その点には注意が必要になります。


郵便別納をする場合は、郵便物は郵便ポストに投函できないので、その点はデメリットとなり、郵便局に持ち込まなければいけないので、会社の目の前に郵便ポストがある場合などは、切手を貼って対応するなど、都合に合わせて料金別納を利用するようにしましょう。

料金別納を利用した場合は、支払いを現金や切手などで行えば良く、料金別納を利用できるのは、郵便物や荷物があくまでも同じ料金で送ることができるものとなっているので、その点にも注意してこの便利なサービスを利用するようにして下さい。