メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

DM用としてのOPP封筒

透明のOPP封筒はDM用の封筒としては最適で、今では多くの企業がダイレクトメールを送る時には好んでOPP封筒を利用しています。

ダイレクトメールというものはお客さんに見てもらえてはじめてその価値が出るもので、これまでのように紙の封筒に入れて発送していれば、ダイレクトメールを見てもらえる確率を下げてしまうことになります。


ダイレクトメールを送る目的は、消費者に商品やサービスを買ってもらうことです。

そのためには封筒の中身をまずは見てもらうことからはじめなければいけませんが、紙の封筒の場合は中身が一見して確認できない分、開封しないでそのまま捨てられてしまうということも頻繁に起こってしまいます。

しかし透明であるOPP封筒を利用すれば、一見してその中身を伝えることができるので、少しでも消費者に興味のある商品を文字で訴えることができれば開封してもらえる確率が上がることになります。

ダイレクトメールというものは開封率と売上数が比例するものなので、開封してもらえればそれだけ売上も上がることになり、ダイレクトメールを出した効果が生まれてきます。


またOPP封筒は紙の封筒に比べて1枚当たりの単価も安く抑えることができるだけではなく、重さも軽い分郵送にかかるコストも大幅に削減することができるようになっていて、今ではダイレクトメールや商品カタログなどを送る際には、OPP封筒を利用するのが当たり前となっているので、まだOPP封筒を利用していない場合は、すぐにOPP封筒にシフトすることをおすすめします。